派遣を続ける事で見えるのは将来性のなさと貧困だけという話

こんにちは、ジャクソンです。

派遣やフリーターをしていて
考えないようにしていた事の1つに
“今のままで将来性はあるのか?”
という事がありました。

20代や30代はなんとか乗り切れたとしても
40代以降になると途端に紹介される案件も
短期の仕事や人がやりたがらない仕事ばかりになります。

人を扱う仕事は景気の波を受けやすい業界です。
僕もリーマンショック後にその事を痛感しました。

派遣切りや正社員雇用の抑制などですね。

個人の努力ではどうにも出来ない事だってある中で
“自分で選べる立場になる”為にはどうすればいいのか?

今が良ければいいという刹那的な考え方では
将来必ず後悔する時がきますよ。

そして、そういった情報をいち早く察知し
取捨選択し、行動に移せるかが
これから必須のスキルになっていく時代です。

はっきり言って、将来性なんてない

派遣という働き方はあくまで一時しのぎという感覚でいないといけません。

というのも時間という点がまずネックになります。
よく聞く”派遣は3年まで”という言葉。

同じ職場で最大で3年間しか働けないという法律に基づいた言葉です。
もちろん、派遣先で正社員として雇われるなんて事も
あるにはあるかもしれませんが、可能性は限りなくゼロに近いです。

ここで

正社員型派遣なら3年という縛りはなくなるじゃないか!

という意見もあるかもしれません。

つまり派遣会社の”正社員”として
派遣先に派遣される雇用体系ですね。

この正社員型派遣であれば、
先ほどの3年縛りは例外としてなくなるかもしれませんが
どの道”派遣”である事に変わりはありません。

なので、正社員型派遣といえど同じ職場で
長く勤められると言う点については同意出来ません。

それに仮にも”正社員”なわけですから
派遣先が合わないからとすぐに辞めるなんて事は出来ませんよ?

次に将来性がないと考える要素として、
“定職”ではないから、契約期間まで働いたとしても
技術や知見がつかないからです。

あなたが仕事を任せる側だとして
労働期間に限りがある人間に重要な仕事や
高度な教育をしようと思いますか?

僕ならそうは思いません。

期限がくればいなくなる人間よりも
長い間働いてくれる人間にこそ重要な仕事や高度な教育をしますよ。

会社にとって重要な仕事=高い知見や技術が必要な場合が多い

この構図が成り立つわけですから
派遣という働き方で高度な技術や知見が
身につくはずがないんですよ。

いわゆる正社員の補助業務や雑務を任されるわけですからね。

最後に給与面ですね。

当たり前なんですが、
派遣は時給で正社員は能力給ですよね?

それに毎年の昇給やボーナスだって派遣にはありません。
20代の前半なら、派遣と正社員は年収でも良い勝負をするでしょう。

ですが、年数を重ねるとその差は埋めようのない差へと広がります。
退職金だって貰えないわけですから
最終的に貰える金額は正社員と比べるまでもなく少なくなりますよね。

与えられる教育、得られる知見、稼げる金額。
どれを取っても派遣という働き方では
定職を持っている人間に劣ります。

それが派遣に将来性はないと言える理由です。

住所不定の住人が何人もいた話

これは僕がネットカフェで働いていた時の話です。
いわゆる”ネットカフェ難民”と呼ばれる人達が
僕の働く店舗にも数人いました。

彼ら、彼女らは俗に言う住所不定の人達です。

72時間で個室なら8000円ちょっとの料金でしたので
10回の更新を繰り返して月に80000円の家賃です。

シャワー代金3回分が含まれているので
銭湯に行く必要もなければ、ドリンクバーやアイスもありました。
電子レンジもあるので暖かいごはんも食べられます。

部屋にはパソコンやテレビがあって
ブランケットやまくらも設置されていました。

まさに借りている部屋が彼らにとっての”家”なんですね。

そんな彼らとは話す機会も多かったので
一体どんな仕事をしていて、
普段何を考えているのかの一端を知ることが出来ました。

高卒後働いていた会社をすぐに退職したAさん

高校卒業後学校のあっせんで就職するも
1年と経たずに退職し、それからは水商売をしている女性のAさん。

週3で働いて最低限の賃金を確保して
それ以外の時間はネットゲームに費やしていました。

当時の僕より2歳年下だった彼女は当時24歳。
つまり、ネットカフェ難民になって5年程だったわけですが
危機感という物を抱いていませんでした。

最低限生きていけるだけのお金を稼いで
後は、自分の好きな事を出来る今の生活に
プライベートスペースが無いという事に目をつぶると
おおむね満足していたんですね。

僕には考えられない生活でしたが
人の価値観なんて人それぞれです。

だけど、人間多くを求めすぎても良くはありませんが
求めすぎない事もまた同様にいけないんだと感じましたね。

日雇いや短期派遣を繰り返すBさん

先程のAさんと違い、朝出て行って夜に帰ってくるBさんでしたが
そんな彼はいわゆる“就職氷河期世代”の人間でした。

元々小さな会社で正社員をしていたのですが
バブル崩壊後に会社が不況のあおりを受けて倒産。

その後も不景気から定職には就けず
日雇い労働などを転々として
気付いたら50代に届こうかという年齢になっていたそうです。

正直僕もこんな境遇の人はテレビの中だけの世界だと思っていました。
ですが、こんなにも身近にそんな境遇の人がいた事に
驚きを禁じ得ないと衝撃を受けたものです。

“事実は小説よりも奇なり”ですね。

そんな彼は

何故俺がこんな目に合わないといけないのか?

と、今の境遇を嘆くと同時に当時アルバイトだった僕に、

ちゃんと手に職を持たないと俺みたいになっちゃうよ…

と、妙に説得力のある言葉を残しました。
自分の親くらいの年齢の人間のこういう姿を見て
本当にいたたまれなくなったのは覚えています。

自分はこの人達と何が違うのか?

ネットカフェ難民のような人と話をする内に

今の僕の境遇は、彼らと何が違うのだろうか?
下手すると僕も彼らのようになってしまうのではないか?

という事を考えるようになりました。

僕も就職活動をしていた時は
リーマンショックがあって、企業が採用を絞った時代でした。

僕は運悪くブラック企業に”正社員”として入社しましたが
ゼミの同期にも非正規で働く事を余儀なくされた人間もいますし
わざと留年して時が解決するのを待った人間もいます。

当時の僕も非正規雇用という立場で働いていたわけですが
年齢と共に働き口は少なくなっていきます。

働き口を得るのは、限りある椅子を取り合う
いわば、椅子取りゲームみたいなものです。

その椅子も時代によっては
100の場合もあれば10しかない場合だってあります。

ですが、1つだけ確実なのは
年齢を重ねれば重ねるほど椅子の数は減っていくという事。

そうなった時に自分はどういった技能を持っていて
社会に必要とされる人間でいられるのか?

そういう危機感を持ち、行動に移すキッカケを得られたのなら
非正規として働いた時間も無駄じゃなかった
と少し思えるようになりました。

そんな事誰に言われずとも気付けよ。

と言われてしまえばそれまでですが
人間お尻に火が点かないと行動に移せません。
そして、大抵の場合気付いた時は手遅れだったりします。

ただ勘違いしないで欲しいのは
何も考えず行動を起こしても失敗するという事。

上辺だけの浅い部分を理解しても意味がありません。
かといって全てを理解する必要もありません。

矛盾しているように聞こえるかもしれませんが
理解するのは7割くらいにして
後の3割は行動しながら学べばいいんですよ。

知識10割を目指したところで
行動が伴っていなければただの頭でっかちになるだけです。

要はバランスですね。
理解の伴わない行動は、無謀。
行動の伴わない理解は、価値がありません。

人を扱うビジネスは景気に左右される

派遣というビジネスは人と企業を繋ぐビジネスです。

企業の景気が良い時は拡張路線で人でも多く必要ですが
不景気になれば途端に余剰人員は削られます。

企業にとって最も必要な経費が人件費なわけですが
一度正社員として雇ってしまうと
理由なく解雇には出来ない様に法律で決められています。

なら最初から切りやすい人間を多く雇えば
その問題は解決されますよね。

リーマンショック後の世界的な不景気の時にわかりやすかったのが
“派遣切り”という一つの社会現象です。

ニュースでは連日、派遣切りを受けた人間のインタビューや
派遣村で炊き出しに並ぶ列が映し出されていました。

景気という外部的な要因に左右されて
今現在大丈夫だと思っていても
将来的にあなたが炊き出しの列に並ばないという保証はありますか?

度重なる規制緩和や規制強化であおりを受けるのは
末端の人間ばかりです。

もちろん、派遣に限らず正社員だとしても
会社が倒産するリスクはあるわけですので
一概に派遣やフリーターという非正規雇用ばかりが
不況のあおりをうけるわけではありません。

ですが、一番最初に首を切られるのは
いつも社会的に立場の弱い人間です。

理不尽だと感じても、それが社会のルールなんですよ。

ルールを守れない人間はそもそも社会に参加できないし
その時点ではじきだされます。

今あるルールの中で賢く立ち回る為には何が必要なのか?
そういった事を考えずただ毎日を消費するだけじゃ
後々後悔する事になりかねません。

まとめ

ネットカフェで働いていた時に出会った
非正規雇用の人達を見て感じた事、
それは総じて諦めの感情でした。

貧困は自己責任だとか役所(国)を頼れ
と言われても声を上げる気力、余裕さえないと感じたんですね。

ネットカフェ難民という特殊な状況を例にしてみましたが
普通に働く派遣でも家賃や光熱費、食費を払う事を考えたら
お金の面だけで見れば大差ないのが現実です。

その派遣という立場は、景気という外部要因に左右されやすく
不景気になれば真っ先に切られる対象になります。

リーマンショック後の派遣切りがあって
派遣を含めた非正規を守るための法律が整備されましたが
相変わらず賃金や福利厚生は正社員と比べるまでもなく低いままです。

得られる賃金・知見・スキル、
得られる物は低く抑えられている中で
ただ漠然と毎日を過ごしていては
貴重な時間を消費するだけです。

自分の将来を守る為にも
常にとれる選択肢は大いに越したことはありません。

さいわいにも現代はインターネットが発達した情報社会です。
知りたい事を検索すれば、解決法はたくさん出てきます。

その中で情報の取捨選択をして
本当に自分にとって有益な事を選択する能力。
これこそが、これからを生きていく我々にとって
必須のスキルになっていく事だけは確かですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です