バイトや派遣が負う責任ってどこまで?正社員並みの責任を負わされる事も…

こんにちは、ジャクソンです。

学生時代や社会人になってからも
アルバイトや派遣として働いていた時期がありました。

ですが、正社員並みの責任やノルマを課されつつも
待遇は他のバイトに多少色を付けただけという
何ともいい様に企業に使われていました。

非正規と正社員とで待遇には差を付けるのに
同じレベルの働き方を求めるのは不平等だと
常々思っていましたし、実際に経験しました。

極論を言っちゃうと非正規がいなくても
会社として回していけるようにするのが経営者の仕事だと思うし
責任に見合った待遇を用意するべきです。

そうやって都合よく非正規を使うという事は
あなたの貴重な”時間”という財産を搾取している
という事に他なりません。

今回の記事で自身の時間の使い方はどうだろうか?
と問いかけるキッカケになれば幸いです。

非正規と正社員、待遇は違うのに責任は…

正社員並みの責任を負わされるのに
給料や福利厚生といった待遇には差をつける
といった事はどこの企業でも起こり得ることです。

本来、非正規は自分の技能を必要な時間売る働き方です。
それを

お金を貰っている以上は、プロだ。
立場や待遇は関係なく標準以上のサービスを提供しろ。

と言われても働く側からすると

なら、責任に見合った待遇を用意してくれよ

となって、結局は相容れません。

もちろん、最低水準に達していないサービスを提供して
“非正規だから許してください”
と言われてもお金を払う側からすると憤りを覚えてしまうでしょう。

ラーメン屋で味噌ラーメンを頼んだのに
塩ラーメンを出されたら誰だって怒りますよね。

そういった事は別にしても
企業としては客から求められるレベルに達していないと
それは業務を怠っているという評価になります。

何故、企業は時給で働くようなバイトや派遣にここまで求めるのか?
それは、消費者側に責任の一端があると僕は考えます。

物やサービスの価値をきちんと理解していない人間が多すぎるからです。

つまり、低価格で良品質のサービスを求めすぎているから
それに応えようと企業側に負担がいきすぎて
その結果、そこで働く人間に良質なサービスを強いるんです。

業務終了の時間になったら何があっても受け付けない市役所や
窓口受付を終了する銀行のように強制的に業務を終わればいいんですよ。

もちろん、その後も仕事があるかもしれませんが
少なくとも新規の仕事が増える事はありません。

業務終了後に割増の賃金を払わず
当たり前のようにサービスを強いる方がおかしいんです。

本当に必要なら終電を逃した後のタクシーのように
割増料金を払ってでも利用する人はするわけです。

正当な評価を得られず、低賃金で良質なサービスを求められている人なんて
このご時世ごまんといるでしょう。

そうやって消耗して最後には辞めていく人間を見てきました。

ただ会社という組織にしがみついていては
いつか自分も同じ道をたどるだろうし
そうならない為に何が出来るのかを常に考え、
行動出来るかが現代を生き抜く為の答えのひとつなのは確かです。

店の事を一番に考えて下さい

派遣で働く=フルタイム(週5でバリバリ働く)
という人ばかりではないと思いますが、
基本的にその店舗を回すために店長は
雇用契約以上の事を求めがちです。

仮に週3日の9時間で雇用契約を交わした場合
その人が働く義務があるのは3日だけです。

その職場が人手不足で週に5日働いてもらわないと
店が回らないと言われたところで
別に突っぱねても良いんですよ。

それが雇用側からのお願いならともかく
契約内容以上の事を求めて、
それに従わない場合不当な扱いをされるいわれはありません。

ですが、その職場で働き続ける為や
人の良さに付け込んで無理な勤務を強いる経営者は多いです。

各自の都合があるのは分かりますが
「店舗を回す」ことを最優先に考えて下さい。

きついからとか、家の用事で…など
皆同じなんですから、わがまま言わないで下さい。

なんて言われた日には、
それこそ退職届を出したくなりますよね?

確かにお金を貰って働いている以上
勤務時間は真面目に働かないといけませんが
“店が困っているから”という理由で
雇用契約以上に働く必要はありません。

仕事以外にも生活があるわけですから
全てを仕事に捧げる必要はありません。

そういった必要以上の自己犠牲の精神が
世でいう所の”ブラック企業”の土壌を作ることになり
自分自身の首を絞める事にもなりかねません。

無理なものは無理!とはっきりと断る勇気を持たないといけません。

バイトリーダーという名の奴隷

バイトリーダーという言葉がありますが
以前はまとめ役ぐらいの意味で使われていました。

今でもその側面がある事は否定しませんが
立場や給料はアルバイト並みなのに
正社員並みの仕事をさせられる立場だったりします。

企業も人件費を安く抑えたいため
低賃金で正社員並みに働く事を強要するんですね。

急に休んだバイトの穴埋めをさせられたり
本来正社員がやるような経理だったり
と責任の重い仕事を振ってきます。

アルバイトに比べ派遣はまだ時給が高いですが
それでも正社員が負うような責任や重圧を受けながら
仕事をさせられる事だってあります。

正社員と非正規には待遇に明確な差があるのに
仕事に伴う責任は平等という、
何とも企業に都合の良いように使われるのが非正規雇用です。

正社員じゃないんだからさっさと辞めればいい。

と言われるかもしれませんが、
次の仕事を探す為の時間やお金がなかったりして
結局は今のままの待遇で働かざるを得ないという人も多いのでは?

バイトや派遣にノルマっておかしくない?

僕が働いた中でバイトにノルマを求められた職場は
コンビニ、ネットカフェ、家電量販店の携帯電話でした。

今でこそニュースなんかで取沙汰されるようになった
自爆営業というやつも目にしてきました。

そもそもバイトや派遣にノルマを課して
達成出来ないとその店舗やコーナーの管理者が怒られるのなんて
正直関係ないっちゃ関係なかったんですが
その店での立ち位置なんかを気にして
割高な商品を売った記憶があります。

ケース1:コンビニエンスストア

コンビニにノルマなんてあるの?
と思われるかもしれませんが、あります。

季節物のケーキやチキンですね。
某有名シェフ監修のケーキやクリスマス前だったりですね。

普通に5000円もするようなケーキを
あなたならコンビニで予約して買いますか?

僕なら同じ5000円のケーキだとしても
有名ホテルの物を買いたいです。
要は、気分的な問題ですね。

家族や恋人に渡すケーキを
コンビニで予約したケーキを買うのか?
リッツカールトンのようなホテルのケーキを買うのか?

例え同じ人が作ったケーキだとしても
やっぱりリッツカールトンの方が良いですよね(笑)

さすがに自腹を切るのはアホらしかったので
自分のノルマ分は売り切りましたが
夜勤の同僚が副店長(バイト)してたので
店舗のノルマに足りない分を店長と自腹切ってました

ケース2:ネットカフェ

これはネットカフェというよりかは
併設されているダーツコーナーでの物品のノルマでしたね。

商品を売る際に興味もない事を覚える為に
働いている時間以外で商品知識を付ける事を強要されました。

この時に朝・夕のバイトリーダーをさせられていたので
率先して覚えてもらわないと困る
と言われましたが、興味がなさすぎてめっちゃ苦痛でした。

それでも覚えないとネチネチ言われますので
仕方なく覚えましたよ。

上記でもバイトリーダーは正社員並みに責任やノルマがあるのに
待遇はバイトに少し色をつけたくらいという
割に合わない立場だという事を話しました。

さんざんこき使われましたので、
辞める時は相手が一番困るタイミングで辞めてやりました。

意地が悪いと思われるかもしれませんが
これくらいは許されますよね?(笑)

ケース3:家電量販店の携帯売り場

携帯電話を売っていた時は
ケース1・2とは違い派遣という立場でした。

3大キャリアしか扱っていませんでしたが
3人とも全員が派遣で、携帯コーナー担当の社員が1人いるだけという
なんとも小さな職場でしたね。

その社員も他の仕事を抱えていたりして
常駐していたわけではないので
実質派遣だけで携帯コーナーを回していました。

携帯電話を売る家電量販店では別に珍しい光景ではないですし
どこもほぼ派遣で回しているのが現実です。

そんな中でノルマを課されるわけですが
月によっては達成出来ない時もあります。

常駐していない担当社員から怒られるわけですが
そんなに怒るのなら自分も売れば良いのに…
とは口が裂けても言えませんでしたが、心の中では思っていました。

そもそも時給で働いているわけで
極論を言えば別にノルマを達成してもしなくても
同じ1時間には変わりがありません。

バイトや派遣は本来“時間”を売っています。
対して正社員は“能力”を売っています。

正社員のように高い能力を発揮したところで
それに見合う対価が得られるわけではありませんから
本来、正社員の補助業務をさせるのが非正規の使い方なんですよ。

身もふたもない言い方をすれば
バイトや派遣に会社に尽くす事を期待されても困るし
そこまでする必要はないんです。

そういった所は線引きをしないのに
待遇にはキッチリと線引きする企業は
言っても仕方ありませんがズルいですね。

とはいえ、ただ黙って従っていても
結局は派遣は同じ職場で3年しかいられませんし
アルバイトのままだといつまでも搾取されるだけです。

まとめ

非正規なのに正社員並みに責任感やノルマを課されて
達成出来ないと自腹を切ったり、叱責を受ける。

待遇には差をつけるのに、同じ働きを求める企業の多い事。

それに、いくら頑張った所で時間を売っているアルバイトや派遣では
能力を売る正社員との差は絶対に埋まりません。

非正規に最低賃金で最高の”おもてなし”を期待するなら
それは不可能ってなもんですよ。

もし、今それを実践しているのなら辞めるべきとは言いませんが
企業にいい様に利用されているという事は忘れてはいけません。

そうやって企業はあなたの“時間”を搾取しています。
このまま何も変わらないでいる事は
人生において大きな損失だと言えます。

人生の大半を仕事に時間を取られるからこそ
時間の使い方やその質を高める事が重要になってきます。

何となくで時間を過ごしていると
あっという間に歳を重ねて、
たくさんのしがらみに捕らわれる事になりますよ?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です