コロナウイルス関連でメディアは煽りすぎだと思う【その理由】

こんにちは、ジャクソンです。

最近はテレビでもネットニュースでも○○県で新たにコロナウイルス発覚!みたいな記事が多くて正直うんざりしています。

あんまり軽く見すぎるのも良くはありませんが、過度に怖がる必要もないって思うんですよね。

そういった不安を煽る報道やニュースばかりがトップを飾るものだから、不必要な買い占めやデマも現実に起こってますよね。

人の弱みに付け込んだ高額転売も蔓延したりと、収拾がつかなくなってきています。

僕もコロナウイルスが流行りだした時はめっちゃ怖く感じましたし、必要以上に警戒してました。

ですが、流行から1ヶ月以上たった今ではそこまでウイルスに感染する事を恐れなくなったというか、考え方を変えて物事にあたるようにしています。

つまり”コロナウイルス関連でメディアは煽りすぎでしょ。転ばないように努めるより、転んでも怪我をしない方法を実行する事の方がよっぽど大事”と思う訳です。

コロナウイルスの報道は煽りすぎだと思う

連日どこかの都道府県で感染者が出たといった報道ばかりですが、煽りすぎだなぁと思う一番の理由が“自分がかかっていないから”です。

というのも僕自身、海外からの貨物を扱うような業務に就いているんですが、ウイルスに感染していませんよ?

海外からの貨物を運んだり、色んな場所に行くトラックドライバーやリフトマン、港湾の職員や倉庫業に従事する人間でコロナウイルスに感染したって報道を見たことがありますか?

ありませんよね。

もし大規模なパンデミックが起こるとしたら、日常的に海外からの貨物を扱う業種に就いている人間が集まる場所からなのにそういった事はありません。

仮にそういった事が起これば、マスコミ以上に早く同業種には伝わるものですが、そんなアナウンスは今の所ありません。

自分自身の体でその事を証明出来ているので、少し騒ぎすぎじゃない?と思います。

それに個人的に煽りすぎだなぁと思う理由もありますので、ご紹介しようと思います。

普段からウイルスや感染症は蔓延してる

日頃からウイルスや感染症はいつでも蔓延してるのに、多くの人は特に対策などせずに満員電車に乗って出社してますよね。

それなのにSNSやテレビでコロナウイルス関連の報道が広まると“新型とかめっちゃヤバそう…対策しないと!”って動きだすじゃないですか。

コロナウイルスが流行する以前から、満員電車は濃厚接触の危険性があるから時間をずらして下さいとかテレビや政府は言っていましたっけ?

僕の記憶にある限り、そんな事は皆無です。

普段から蔓延しているウイルスや感染症が新型でない保証なんてどこにもないのに、なぜコロナウイルスが流行しだした途端にこんなにも焦って動き始めるのかが今一つ分からないんですよね。

本当に普段から他のウイルスに感染しない様に心がけていたんなら、それこそガスマスクでも着けて生活していないと辻褄が合わなくなってくると思うんですよね。

不安を煽れば視聴率も部数も上がる

マスコミは報道でコロナウイルスの不安を煽れば、それだけで視聴率もあがりますし、週刊誌で特集を組めばそれだけで売上部数も上がります。そりゃ、どの局もこぞって報道しますよ。

どのテレビ局でも外出を控えるように呼び掛けていますが、テレビでも見て欲しいのかな?とうがった見方をしちゃいそうです。

それにどの報道でも、“○○で何人感染者が出た”としか言ってませんよね。

予防する為に手洗い・うがいをしっかりして、ちゃんと寝て免疫力を高めるくらいの事しか言ってないじゃないですか。

結局、どの報道も同じ答えに行きつくまでのアプローチの仕方が違うだけで、言ってる事はいたずらに不安を煽る内容ばかりで見る気がなくなっちゃいます。

それに“ちょっとでも怪しいと思ったら、病院で検査してください”とか医療崩壊を狙っているとしか思えません。医者や看護師だって人間だし、人数も限られているのに疑いがあるだけで検査していたら、本当に重篤な患者に対する治療行為に影響が出るとは考えないんでしょうかね?

フェイクニュースのスピーカーが多すぎる

コロナウイルスが流行してから、根拠のないデマも多く散見されるようになりました。

中でもトイレットペーパー製造の為の原料が中国産で、輸入が制限されるから品薄になるというのが一番意味が分かりません。

原料はほぼ日本国内産なのに、何を根拠に言っているんでしょうかね?

面白半分でデマを流す人も一定数いると思いますが、そのデマを真に受けて“みんなに拡散しなきゃ!”といった変な親切心が元になってデマを大音量で流すスピーカーのようになってしまうのは、居たたまれないですよね。

ですが、こういったSNSなんかでの拡散を報道番組も面白がって取り上げるから、普段SNSをしないような層にも拡散されてしまって、今回のトイレットペーパー買い占め騒動が起こってしまいました。

マスコミもトイレットペーパーを買う人にインタビューしたりして、品薄状態の現場しか報道しないのも印象操作のように見えます。

そんな中、とあるメーカーさんは自社倉庫に山積みされたトイレットペーパーの画像をSNSにアップして、賞賛されましたよね?

何でも疑う事から始めるのはどうかと思いますが、むやみやたらに根拠のない事柄を信じて親切心を出して拡散してしまうのは危険です。

後にデマを広めた愚か者という悪意をもってバッシングされる危険性もあるので冷静に物事を判断しないといけないという見本になりましたね。

騒がないと非倫理的だと言われる

“コロナウイルス煽りすぎじゃね?”と言うと、死亡者が出ているのに不謹慎だとか感染したらどうするんだなんて言う人達がいますよね。

だから、本音ではそう思っていても人前ではあまり口に出来ません。そんな事口走れば非倫理的だとレッテルを張られますからね。

現代に蘇る言葉狩りのようで、少し窮屈に感じてしまいます。

けれど、この事態の遠因って普段から意味がないことでも大騒ぎする国民自身が自ら作り出した”空気”だと言い換える事も出来そうです。

騒がない事が悪だという空気を作り出す事で、コロナウイルスって大した事ないよね?と言わせない空気を作るのも大概悪だと思うんですがね^^;

まぁ、僕は皆が右を向いていると左を向きたくなる天邪鬼なだけかもしれませんが(笑)

インフルエンザの方が死者数が多い

そもそもウイルスとひとえに言っても毎年流行しているインフルエンザはどうなるの?と思います。

ライブハウスで濃厚接触した人間が感染したから、一斉にライブが中止になったりしていますが、そりゃ、せまい場所に人が集まればコロナウイルスに留まらず色んなウイルスに感染するリスクは上がりますよ。

インフルエンザだってそうじゃないですか。

ライブハウスで大量のインフルエンザウイルスの感染が確認されたのなら、1ヶ月以上毎日テレビで取り上げられたりするだろうかと考えたら、いかに大げさに報道しているかも分かりますよね。

それに“コロナ流行ってるから人混み行くときはマスク付けないと…”と言う人がいますが、正直え?って感じです。

毎年インフルエンザは流行ってるんだから、人混みでマスクはそもそも当たり前なんですよね。

それに日本だけで2018年だけで見るなら、3000人以上が亡くなっています。

予防接種やタミフルなどの治療薬があるのにも関わらずですよ。

今回の新型コロナウイルスは、治療薬などがまだ見つかっていないから不安に思う気持ちは分からないでもないですが、それでも致死率だけで見るとインフルエンザよりもよっぽど低い数字です。

持病持ちの方や高齢者の方は問題があるかもしれないけど、健全者は普段通りしていて良いと思いますよ。

コロナウイルスは煽りすぎだと思うのなら

コロナウイルスは煽りすぎだと個人的には思いますが、それでも不安だと思う人は今回の事を教訓にして、次に同じような事が起こった時の為に準備する事から始めればいいと思います。

人込みや満員電車に乗って出社する事を避ける方法とかですね。

一つ例をあげるなら、在宅ワークでも食べていけるスキルを磨くとかでしょうか。

今回のコロナウイルスで在宅勤務を取り入れている企業の人に話を聞けたので、良い点・悪い点も合わせてまとめてみました。興味がある人は読んでみて下さいね。

文中でちょっとだけ話した、海外からの貨物を扱う人間のリアルな体験談もありますので、“そんな状況で働いているのに感染してないんだ”とあなたの安心感に貢献できそうですので、合わせて読んでみて下さい。

加えて、ただコロナウイルスを怖がるだけじゃ、また似たような事が起こった時に同じ轍を踏まない様に準備する事の大切さを今回の流行で痛感しました。

ただ与えられた情報に右往左往するだけなんてのは御免です。

今回のコロナウイルスの流行をデータを深堀りする事で見えてくることは絶対にあります。僕なりの見えてきた事をまとめた記事も置いておきますので、参考にしていただければ幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です