派遣を抜け出すには遅くとも30代までにした方が良い。

こんにちは、ジャクソンです。

僕が派遣として働いていたのは20代でしたが
今も当時もその平均年齢は若いように思います。

電気屋の携帯コーナーの店員とか見てもらえば分かるんですが、
あんまり40歳以上の方っていませんよね?

仮にいたとしても、電気屋の正社員だったりする事がほとんどです。
別に携帯電話に限らず、イベントの設営やコンパニオンなどは
若い方が多いです。

単純に仕事がキツイから高時給だからです。
そうなると体力的にも余裕がある若い派遣が応募すると思いませんか?

事務仕事の時給と上記の仕事とでは
時給は全然違いますし、年齢層も事務仕事の方が高いです。

派遣として好待遇で働けるのは
何か特殊なスキルを持っていない限り若い内だけだし
その若さでさえも無くなってくると
後は、人がやりたがらない仕事や時給の安い仕事しか残りません。

というか、仕事自体も短期での紹介がほとんどになります。
そんな状態になる前にちゃんと準備をしておけば良いんですが
僕のように“とりあえず派遣でいっか”的な軽い考えで働くと
必ず後悔することになります。

20代というのは本当に貴重で、
この期間にどれだけ準備出来たかで
将来どれだけ稼げるかが決まってしまうと思います。

偉そうな事を言っていますが、
僕自身本当に人生を変えようと決意したのは30歳の時でした。

そんな後悔の意味も含めて今日は
記事を書いていこうと思います。

同年代と比べると…

大学を卒業して正社員として働いている人と
派遣として同じ期間働いている人とでは
その待遇に大きく差が開いてしまいます。

正社員で働いている人間は、結婚してマイホームを購入して
それなり以上の暮らしをしているかもしれません。

かたや、派遣として働き続けた人間は
金銭的な余裕がなく、家を買う事も結婚する事も出来ないでいる。

もちろん、何事にも例外はありますが経済格差は確実に出てきます。
これが働く期間が長くなればなる程広がります。

正社員は年に2回のボーナスが出て、基本給の昇給もある。
派遣には、正社員のようなボーナスがないし、
昇給と言っても3年で時給100円とかです。

よく正社員は時給換算したら、最低賃金を下回ると言いますが
それでもトータルで貰う年収を考えたら派遣の方が低い事実。
そもそもの時給が低く抑えられている派遣という働き方で
正社員より稼ぐというのは不可能な事です。

俺・私は高難易度のスキルを持ってるから
月に50万円稼いでるぞ!出鱈目言うな!

と言われた所でそんなの全派遣労働者の何%でしょうか?
そんな特別な人の言が当たり前だとは誰も思いません。

“一部の当たり前”があたかも全体がそうであるかのように錯覚させる。

もちろん、真に受ける人はいないでしょうが
大多数の派遣労働者は月に20万弱の月給ですよ。

同い年でも福利厚生や給料に差が出てくるのに
10歳下の正社員に負けている現実を目の当たりにすれば
プライドはズタズタです。

全然気にしないよ。なんて言っていても、
心のどこかでは“悔しい”とか“ふざけんな”って感情は絶対にあります。

それが当たり前の感情だし、否定するつもりもありません。
要は、そう感じてどのように考えて、行動を起こすか?
それこそが最も大事だと思います。

何となく日々を過ごすだけじゃ時間という財産は失われるばかりだし
今より悪い状況に向かっていくだけです。

資格やスキルを身に付けてみますか?

資格学校や通信教育のパンフレットを見かけると思いますが
あれは資格を取得する所までの話で
その後の就職の面倒までは見てくれません。

当たり前の事なんですが、その資格を取得しただけでは
あまり意味はありません。

手当が付いたとしても1万円も月に増えないし
大多数が持っている資格じゃ見向きもされません。
正社員のように資格取得の補助もないだろうし
資格を取った所で派遣という立場が変わるという訳でもありませんし。

社労士や税理士なんかの高難易度資格を取得したなら
そもそも派遣で働く必要はないし、
さっさとどこかの会社に潜り込めますけどね。

結局資格取得を謳う方も商売ですので、
取得難易度の低い資格を大多数にあっせんして
その料金で儲けているだけです。

専門性のある資格なら意味があると思いますが
取得するのに膨大な時間がかかります。
資格だけ持っていて評価されるのは
学生や入って2,3年の若手社員だけです。

資格はそれを面接で相手に分かりやすくする上で
有効な手段ですが、職務内容と全く関係ない資格を持っていても
唯の資格マニアかなんかと勘違いされて終わります。

ただ勘違いしないで欲しいのは
別に勉強する事が悪いと言っているわけではありません。
ただ、その勉強をした結果どうなるのか?
をもう少し考えてやった方が良いという事です。

世間は派遣という働き方に甘くない

日本における派遣のイメージは

■正社員になれなかった落ちこぼれ

■派遣より正社員の方が偉い

■責任感やサービス残業と無縁

残念ながらこういったイメージが定着しています。

正社員で大して仕事が出来ない人間程
雇用形態を盾に見下し、蔑みます。

要は、自分より下(だと思っている)がいる事で
精神的な安定を得ているのでしょう。

ターゲットにされる方からするとただ迷惑なだけですが
実際の会社では珍しい光景ではないでしょう。
その扱いに対して、反論しようものならすぐにクビを切られます。

理不尽だと思いますよね?

ですが、企業側としては雑務を任せられて
すぐにクビを切れる人間が欲しいから派遣を雇うわけです。

業績が悪化しても正社員なら簡単に切れないですが、
派遣なら簡単に切れますから。

期限が来ればいなくなる人間に重要な仕事を任せないし、
それなら正社員のように長く勤めてくれる可能性がある方に任せます。

だから、マニュアル化された簡単な仕事や
何のスキルも身に付かないような雑務ばかりなんですよ。

そんな派遣でずっと働いていた人がいるのですが
派遣の期間を経歴として見てもらえない事が多いと言っていました。

結局、その人が何が出来るか?
ではなくどういった雇用形態だったか?
でしか、日本の企業は判断しません。

そこには、派遣の仕事なんてたかが知れている
と言った思い込みや風潮があります。
それに対して何か文句を付けようものなら

会社
“じゃあ、他の所に行ってください”

と言われて終わりです。
派遣という働き方は圧倒的に雇用者の方が立場が強いです。

例えそれが理不尽だとしても、日本という国に住んでいる以上は
その風潮に合わせないと生きていけません。

それが嫌なら、正社員のように責任やサービス残業を受け入れて
会社の為にせっせと働くか、自分で何か商売を始めるしかありません。

年齢を重ねる程選べる仕事は少なくなる

アルバイトでも年齢を重ねれば重ねるほど求人の数は減ってくるし
時給も安く、人がやりたがらない仕事ばかりになります。

自身の周りでもそうなのですが、
派遣で働く人は若い世代、とりわけ20代が多いです。

現場仕事は体力的に若いと無理だし、
事務仕事も圧倒的に若い子が多いように思います。

もちろん、英語がビジネスレベルで出来たり
専門的な業務の知識を持っていたりすると
その限りではないのですが、
年齢制限というのはどこかであります。

仕事があったとしても、1・2か月の短期を繰り返したりです。

というのも年齢を重ねてから新しい事、
事務仕事なんかはその会社独自のシステムを使ってたりすると
仕事自体覚えられないんですね。

僕の職場でも50歳の方が派遣として最近になって来ましたが、
5回くらい説明してやっと理解してもらえます。
本人はメモを取って、やる気はあるみたいなんですが
教える方としては凄い手間なんですよ。

工場勤務や弁当の盛り付け、倉庫でのピッキングのような
単調作業みたいに仕事を選ばなければ
年齢を重ねても仕事はありますが、どうしても数自体少なくなります。

機転の利く仕事に関しては、年齢を重ねると厳しいと言わざるを得ません。
それに運よく正社員登用の話があったとしても
声がかかるのはギリギリ40歳くらいまででしょう。

企業としても、同じ投資をするにしても
伸びしろや教える手間を考えたら
どうしても若い人を取りたがるものです。

最近では、外国人労働者の雇用も増えてきました。
コンビニや工場でも若い留学生なんかが多いですよね?
今までは派遣やアルバイトにまかせていた仕事も
どんどん無くなってきてるという現状もあります。

そんな中で今はまだ仕事があるからと
派遣として働き続けていると将来確実に後悔するだろうし、
そんな時の為の準備は今からするべきです。

まとめ

派遣という働き方はそれだけで一生食っていこうとなると
特殊なスキルを持っていない限り不可能です。

年齢を重ねるほど紹介される案件は
時給が安く、短期の仕事ばかりになるからです。

同年代でも正社員として働き続けた人間とは
時間が経てば経つほど差が開いていきますし
社会において、一度出来た差を覆すのは容易ではありません。

その為に資格を取得しても、
先ほども言った通り特別、言い換えれば難易度が高いモノでないと意味がありません。
受験者の全員が全員合格しているのなら、
専門職なんてありませんし、待遇に差を付けたりしません。

事情があって、派遣という働き方を選んでいる方もいれば
僕のようになんとなくで働いている方もいるでしょう。
そんな派遣という働き方に対して
偏見の目というのは少なからず存在します。

その環境に合わせないと生きていけない世の中ですが
幾ら嘆いたところで貴重な時間を失うだけです。

一つ言えるとすれば、

あなたにとって変わって意味のある事に時間を使いましょう。

という事。

今直面している問題を解決した所で
あなたが理想とする状態に近づく事が出来るのか?
そこにフォーカスを充てて物事を考える癖を付けましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です