一度派遣になるとそのサイクルから抜け出すのは困難になる

Questioner
こんにちは、ジャクソンです。

僕が派遣として働いていた理由は正社員までの繋ぎでした。

生きていく為にはお金を稼がないといけないし、
転職活動にかかるお金だって馬鹿にはなりません。

他には、キャリアアップのつもりで
派遣先を転々としている人もいるかもしれません。

最初は他の理由の為に派遣を始めたのにも関わらず
3年、4年、5年とズルズルお仕事をしているなんて事ありませんか?

長期間勤めている事は素晴らしい事ですが、
当初の目的を忘れて、ただ漠然と働いている事が多いのも事実。

今回は、派遣社員が陥りがちな問題にスポットを当てて
お話していこうと思います。

いつの間にか派遣から抜け出せなくなる

僕が派遣として働いていたのは、24~26歳の時でした。

大卒正社員を辞め、転職活動や生活をする為に働いていましたが、
月の手取りは約20万円。

その当時で同期よりちょっとだけ少ないくらいの手取りでしたが、
やっぱり正社員と比べると落ちるのは確かです。

派遣って交通費が自腹な場合も多いし、
何より、社会的に正社員よりは低く見られます。
僕も何度か悔しい思いもしました。

僕はその悔しさやとあるきっかけで半ば勢いで派遣を辞めましたが
多くの派遣から抜け出せない人は、
雇用期間が終わっても、また新しい職場に派遣として働きにいきます。

何故デメリットを享受してまで、また派遣で働くのでしょうか?

起業・正社員・契約社員・フリーターetc

多くの選択肢があるのに自らその可能性を潰しているような気がします。

同じことを長く続けることの弊害として
変化を恐れるという傾向がどの分野でもあります。

だから変わる事を恐れて、
また同じ形態で働くという選択をするのかもしれません。

派遣から抜け出せなくなる理由

そもそも派遣から抜け出せなくなる理由とは何でしょうか?

居心地の良さ?

責任感の少なさ?

営業に上手く使われてるだけ?

色々な理由が考えられますが
いくつかを挙げていきたいと思います。

転職活動がめんどくさい

これは一度でも就職活動をした事がある人なら分かると思います。

先ずは、就職サイトに登録して

そこから受けたい企業を選んで

エントリーシートと履歴書を書いて

SPIなんかの試験や企業独自のテストを受けて

履歴書が通れば、面接に行って

と、結構な手順を踏まないといけません。

履歴書が通って、面接までこぎつけても
2次3次と何回にも渡って面接をします。

2次とか3次で落とすなら、履歴書で落としてくれたらいいのに
わざわざ数度足を運んで、落とされるとか意味が分かりません。

落とすくらいなら最初から面接に呼ぶなよ

と何回思ったことか。
交通費と時間を返してくれと思ったことは、数知れません。

転職活動なら大手エージェントに登録して、
軽く面接みたいな事もされます。

親身になってエントリーシートの添削や面接対策をしてくれますが
何回も書き直すのはめちゃめちゃ面倒臭かったです。

面接に落ちても、

エージェント
次、頑張りましょう!

と励ましてくれますが、あまりにも落ち続けるとだんだん諦めてきて
今のままでいいやと思うようになります。

責任感やプレッシャーが少ない

これは本当に雲泥の差かと思いますね。

そもそも派遣ってどういう仕事をさせる為に雇われるのでしょうか?

ズバリ、正社員の補助や雑用なんかがメインです。
それか、全国展開している業態の一兵卒として雇われるかですね。

僕が働いていた家電量販店の携帯電話コーナーは正にこれです。
量販店の正社員が一人いるだけなので、
めちゃくちゃ楽でしたよ。

その人が休みの時は、派遣だけで携帯コーナーを回していましたし。

別に契約が取れなくても何か言われる事って
ほとんど無かったし、正社員側もそこまで期待してなかったようですし。

ですが、正社員はそういう訳にはいきません。
営業成績が悪ければ上司から詰められるし
自身の査定にも響いてきます。

そう考えると、派遣と正社員にかかる責任やプレッシャーに差があると言えます。

派遣でいる間に就職適齢期が過ぎた

これは30歳以上で派遣をされている方に多いです。

30歳って一つの区切りと世間では見られますよね。
この年齢を境にガラッと選べる職種なんかも変わります。

更に大卒や20歳中盤までは、まだ失敗も許される環境ですが
その年齢を超えてくると会社の戦力となって
利益をもたらさないといけません。

そんな中で、同じ30歳でも

■大卒8年目で役職も付いて戦力になる人間

■これからその企業でキャリアをスタートさせる人間

2種類に分かれます。

もちろん、他会社で正社員としてバリバリやってきた30歳と
派遣しかしてこなかった30歳とでも大きく変わってきます。

残念ながら派遣はキャリアとして見られる事は少ないのが現状です。

なら、後は選べる仕事は薄給でキツイ仕事ばかりです。
それでも良いと言って就職する人もいますが、
大体の人は、今の環境を抜け出すことなく派遣という働き方を選ぶでしょう。

営業マンに上手く踊らされる

長期間同じ派遣会社で働いていると
必ずと言っていいほど営業からのお誘いがあります。

彼らからすると、長期間自分達に利益を与えてくれる優良顧客だからです。

続けてくれるか分からない新しい人間よりも
実績のある方に新しい職場を用意する方が簡単だし
安心ですからね。

実際に僕も派遣を辞める時に
待遇を上げて、より良い職場へと斡旋されました。

仮に辞めたいと営業に伝えたところで、
あなたが不満に思っている事、

■時給が今より高くなって

■職場が遠いなら、近場になって

■交通費も全部は無理だけど、出してくれたり

不満が全て排除されたらどうしますか?

次の仕事が決まっていないという状況なら、
多くの人が一度は続けてみようかなと考えませんか?

他にも

派遣会社
後任が決まるまで、なんとかお願いしたい。

というお決まりのセリフを言われて、
情にほだされないという保証はありませんよね?

その結果、派遣を続けることを選択すれば
それは、派遣会社の営業の手のひらの上で踊らされているようなものです。

継続的に仕事があると思っている

派遣として長く続けられている方の中には、
このまま継続的に仕事があると思っている方もいるかもしれません。

ですが、それは一部の専門的なスキルを持つ方以外には
当てはまらないと考えた方が良いでしょう。

一般的に40歳ぐらいには、長期での案件はほぼ無いです。
次の案件を紹介されるまでは無職ですが
生活するのにお金は絶対に必要です。

仮に次の職場にありつけたとしても
長期ではなく短期だったら、落ち着く間もなく退職。

その後は、またお金の心配をしながら日々を過ごす事になります。
次にいい仕事にありつけるか日々恐怖を感じながらの生活では
精神的にも弱ってきます。

派遣は年齢を重ねれば重ねるほど苦しくなってきます。
正社員のように60歳や65歳までずっと派遣という働き方は
すべきでないし、ほぼ出来ません。

いつか正社員登用してくれると夢見てる

派遣として長く勤めている方は、
正社員と同じような扱いを受ける事もあります。

スキル的にも同等かそれ以上の方もいますよね。
人間関係も良好で、派遣と正社員という垣根を越えて
良い関係を築けているかもしれません。

そういった方の中には、

あなた
いつか正社員として登用してくれるかもしれない!

と考えているかもしれません。
ですが、実際はそんなに甘くありません。

僕の周りのだと、この5年で1人だけが正社員として登用されました。
その間派遣として働いていた人数は
短期や長期を合わせて30人ほどいました。

という事は、確率でいうと3%という狭き門です。

その方も長く勤めていて、仕事もよく出来ますし、
周りとの関係も良好です。
そこまでやってもたった3%なんですよ。

もちろん、紹介予定派遣ではなく一般的な派遣です。

会社から見れば、別に派遣から正社員にしなくても
働き続けてくれるならこれほどありがたい事はないですよね。

だって正社員と比べて安い賃金、待遇で働いてくれるわけですから。

派遣を抜け出すタイミングを逃さない為に

一度派遣のサイクルにハマると抜け出すのは
困難だというのがわかってもらえたかと思います。

実際に上記の理由で派遣をずっと続けている人もいるでしょう。
少しでも焦りがあるのなら、今すぐの行動をお勧めします。

短期的な観点から言うと、
派遣から正社員へと働き方を変えるのが良いでしょう。

ですが、正社員になったらなったで
また別の問題も出てきます。

せっかく頑張って就職したのに
世を騒がすブラック企業だったらどうしますか?

目も当てられませんね。

ですが、たらればを言っても現状が良くなる所か
年齢というリミットがある分悪くなっていきます。

このまま派遣として働き続けるとしても
派遣一本だけじゃなく、副業でプラスαするのも良いかもしれません。

また、僕らが定年退職する時には年金も貰えない可能性もあるとか。

将来に対して不安しかありませんが、
今を嘆くのではなく、将来に対して何が出来るかを考えていかないといけませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です