派遣の貯金事情。安月給で実際の所貯金なんて出来るの?

こんにちは、ジャクソンです。

給料日が近づいてくると、

■今月の新作ゲーム買おう

■○○の新作コート欲しいな

■新台で出たスロット打ちにいこう

など、ワクワクしてきて仕事にも精が出ます。

生活費を払った残りのお金の使い途を考えるわけですが、
多くの人は、上記の用途以外には”貯金”と答えるのでは?

あるだけ分をその月に使っていたら
急に病気になった時の医療費が払えなかったりと
不都合が起こるので、皆それなりには貯金していると思います。

が、実際派遣で働いているとどれだけ貯金できるのか?

それとも全く出来ないのか?

派遣の貯金事情を僕の事例で話そうと思います。

月の手取りは○○万円、残るのは幾ら?

ここで2012年当時の僕の支出表を簡単に載せておきます。

時給1300円×8時間で22日勤務として
額面で約23万円、そこから年金や社会保険料を引かれて
手取りで20万円切るくらいが毎月自由にできるお金でした。

次に生活費や遊興費なんかの内訳です。

家賃:60000円
光熱費:15000円
携帯代:7000円
ネット代:3000円
食費(外食含む):60000円
 朝=パンを買う
 昼=社食 毎食500円
 夜=買って帰る(たまに自炊)
交通費:16000円

残りの金額は、39000円ですね。少なっ(笑)

ここから競馬の為の資金を捻出したり
衣服やゲームを買っていたので、
ひと月に出来る貯金は驚きの15000円!

全国平均貯金額が給料の約10~15%と言われる中
僕は10%を切ってますね。

中でも目を引くのは食費ですね。

もっと自炊をすると食費が浮くのは分かってるんですが、
ご飯作るのって面倒臭くてつい^^;

もっと上手く貯金している人はいるんだろうけど、
そもそも給料が僕の事例とあまり変わらないと思うんですよね。

なので、貯金額は僕と大きく変わる事はないと思います。

現在は、最低賃金が8年前と比べて大きく上昇しましたが
食品なんかの値上げも頻繁に行われますし、
給料が増えればその分引かれる額も多くなりますよね。

これが、月に10万円以上増えていれば関係ありませんがね(笑)
普通に考えて、そんな事は起こり得ないと分かると思います。

結局、賃金が上がったとしても
引かれる額以上に稼がないと意味がないし、
物価の上昇に伴って貯金できる額は大きく変わらないんです。

派遣でもやり方次第ではしっかり貯金できるのか?

よくネットで個人のサイトや派遣会社のサイトを見ていると

○○する事で貯金が出来ました!

みたいなページがありますが、あれって正直どうなの?
と思います。

例えば、

■家賃を節約する為にシェアハウスが良い

■銀行の自動預金システムを使おう

■支払いはクレカで全て行って、ポイントを貯めよう

■資格を取って時給アップしよう

■家計簿を付けて、外食を減らそう

とか、色々な方法を書いていますが

この方法で貯金出来たら最初から悩んでないし、
どの方法も根本的な解決にはなってないよね

って思っちゃうんですよね。

というのも、引き算で考えるからダメなんだと思います。
上記の方法は、今あるお金をいかに減らさず残すかに観点を置いています。

それだといつまで経っても今より良くなる事はないし、
ただの現状維持にしかなりません。

”現状維持では、後退するばかりである”

かの有名なウォルト・ディズニーの格言ですね。

今この時は良いかもしれませんが、
これから何十年と生きていく中で金銭を得る事は必須です。

なのに現状維持に努めていては、先はありません。

ざっと考えられるリスクとして

■消費税が10%に上がる

■年金の支給年齢が上がったり、額が減る可能性

■高齢化社会に伴う、社会保障負担の増加

■労働人口が減る事による、1人当たりの負担増

■物価が上昇しても、給料が上がらない可能性

なんて事が考えられます。

話はそれましたが、要は
この(現状維持)考え方では、何れ破綻するのは目に見えています。

だから僕は、引き算で考えるとダメなんじゃないかと思うんです。

なら、今ある給料に足し算をして月に貰えるお金を増やせば
増えた分は丸々貯金できますよね?

なので、今貰っている給料から捻出するのではなく
増やす努力をした方が、問題解決になると思います。

派遣という働き方は比較的時間の融通がききます。
その時間を有効に活用して、
プラスアルファの資産を作る時間に充てて
これからに備える事を考えてもいいのかもしれません。

ミニマリストを目指す?

必要最低限のモノだけを選んで生活するミニマリストは
節約という観点から見ると合理的かもしれません。

以前、雑誌の記事で見たのですが
その方は、フリーランスで執筆のお仕事をされているのですが
月収は20万円程で僕の派遣時代よりも低収入です。

都心を離れて地方のアパートだから家賃も安く抑えて
光熱費も極力抑えた生活を心掛けています。
食事は、毎日同じ物を食べているそうで、その人曰く

一度に大量に作れば光熱費を浮かせられる。

週に1回の〇野屋の牛丼が唯一の贅沢品です。

と取材に対して答えていました。

・・・うーん、唯のお金がない人なんじゃないの?

確かに余計なモノを削ぎ落として、残ったモノを大切にするというのは
節約や貯金をする事に繋がるけど、僕には出来そうにないなぁ

と思ってしまったんですが、どうなんでしょうかね。

自分の周りを見渡した時に本棚やソファがありますが
取材を受けた彼は、そんなモノ必要ないし邪魔なだけと言っていました。

モノが無いから掃除もしやすいけど、
余りにも何もないと殺風景じゃないですか?

人間、足るを知るという言葉があるように
あまり多くを求めすぎてもキリがありません。

だけど、それはちょっとやりすぎじゃない?
とも思ってしまうんですね。

普通って人それぞれだと思いますが、
彼にとっての普通が僕の普通とは違いますよね。

僕からすればそんな生活を選択出来る時点で、
考え方や物事の捉え方がちがうんだろうなと思います。

特別な事は何もしていない。ただ自分にはこの生き方が合っている。

とは彼の言ですが、会社に雇われない生き方を選べる時点で
僕の感覚からしたら良い意味で普通ではないし
凄くバイタリティ溢れる人だとは思います。

少し主旨からはそれましたが、
こんな生き方をすれば貯金もそれなりに出来るんじゃない?
と思うような一例でした。

派遣会社は絶妙なラインを狙ってくる

派遣会社は企業に労働者を紹介して、
そこから中抜きをして利益を上げています。

その為、自分たちが儲ける為に、
労働者が生活出来るギリギリのラインを
巧みに突いて給料を払います。
実際、派遣の一人暮らしなんて常にギリギリの生活ですよ。

特にブランド品が好きだったり、
贅沢をしているわけではないと思いますがやっぱりギリギリの生活です。

派遣をやってて思ったのが、

生かさず殺さずが上手いなぁという事。

ここらへんの見極めが絶妙に上手い

何も考えずただ働いているだけだと、後悔する事になりますので
この先自分がどうするのかは常に考えておいてください。

派遣会社としては何も考えずに働く人間ほど扱いやすいし、
そんな労働者を多くストックしておきたいからホームページで

派遣会社
派遣で働いても十分暮らしていけますよ。

これがAさんが実践してる方法!

この方法を実践しながらうちで登録して働いてね♪

という煽り文句で登録を促しているんです。

彼らも会社として儲けなければ社員を食わせていけないですからね。
そこは必死なわけです。

その行動自体を非難する気はありませんが、
あまりいい気分にはなりませんよね。

まとめ

■僕の当時の給料と使い途を公開し

■実際に派遣が貯金が出来るかを考察し

■派遣会社の思惑を推測してみました。

僕たちは子供のころから親に

無駄遣いはせずに貯金はしときなさい!

と教えられたと思いますが、
そもそも貯金出来るだけの余裕がなければ意味がありません。

実際に具体的な節約の仕方なんかを紹介されたとしても
それは今あるお金をいかに減らさないかに観点を置いたものです。

もちろん、そういった方法で節約をする事は良い事でしょう。

ですが、何事にも限度はありますよね。
節約するだけじゃ、根本的な問題を解決する事には繋がらないんです。

それは派遣という働き方に限らず、
正社員として働いていたとしても同じ事が言えます。

給料から引かれる金額が多くなったり、
残業代が出なかったりすると正社員になった途端、
派遣より稼げなくなったという話も聞きます。

少子高齢化で1人当たりが支える高齢者の負担が増えていたり
増税、物価の上昇などますます財布を圧迫していく世の中で
何も考えず、会社の給料だけで生活していく事が難しくなってきます。

こういう風に書くと不安ばかりが募りますが
行動しなければ、いずれ自分に返ってくるのは必然です。

なら、そこに気づいた時点で今の自分に何が出来るか?
というのを考えて、今日から行動していきましょう。

自分や大切な人たちを守るためにも
常に準備を怠らず、色々な方面にアンテナを張って日々を過ごしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です