第4章 ブラック企業よ、ジャクソンは正社員として帰ってきた!

【第0章】 管理人ジャクソンのプロフィール

【第1章】 入社前研修?いいえ、違います。洗脳研修です。

【第2章】 激動のブラック企業時代 ~そして、退職へ・・・~

【第3章】 派遣って残業代出るんですか?

【第4章】 ブラック企業よ、ジャクソンは正社員として帰ってきた!  ←現在のページ

【番外編1】ジャクソンがブラック企業で体験したヤバい出来事6選

【番外編2】ジャクソンがブラック企業で体験したヤバい出来事6選

Questioner
こんにちは、ジャクソンです。

今回は、派遣時にやっていた「せどり」で
2年程食い繋いだ後に、再度ブラック企業に就職したまでのお話です。

新卒でブラック企業入社

辞めて派遣

せどりで食い繋ぐ

再度、ブラック企業入社

結論から言うと、現在在籍している会社は
プチブラックといった所でしょうか?

新卒で入社したブラック企業度を10とすると
今のブラック企業度は7って所でしょう。

以前よりブラック度は下がったので、
結果的に転職成功(?)のように思います。

以前よりかはマシになったとはいえ、
色々思う所がありますが日々仕事に励んでいます。

さて、業界が結構特殊かつ限定される仕事なので
身バレを防ぐ為、今回も詳しい所は伏せて書いていきます。

それでは、どうぞ。

せどりで自由になれる!と思ったのに・・・

前回これからの事を考えて
副業として「せどり」を始めたとお伝えしたと思います。

その為の勉強や実際に行動を起こして、
毎月に3~5万円稼ぐ事が出来るようになりました。

せどりの良い所は、すぐに結果が出る所ですね。

実際に僕が扱ったのはメディア系の物販。

つまり、本やCD、ゲームなんかでした。

仕事を定時で終わらせて、仕入れ店舗に行ったり
フリマアプリなどで仕入れを行っていく内にある思いが芽生えてきました。

月に20日くらい朝から晩までやれば、月収30万円くらいいくんじゃね?

そう思ってからの行動は速かったです。

ちょうど、更新月が迫っていたのもあって
派遣の営業に辞める事を伝えました。

かなり引き止められましたが、それでも僕は

Questioner
これで、誰にも縛られない生き方が出来る!

と、本気で思っていました。

なんという甘い考えと、準備不足が過ぎる感じ。
当時の僕をぶん殴ってやりたい気持ちでいっぱいです。

さて、遂にせどりだけで食っていく決意をし
実際に行動し始めた訳ですが、
朝から晩まで仕入れと出品作業を繰り返して
最初の半年くらいは月に20~30万円程の月収はキープしていました。

が、半年を過ぎた頃から暗雲が立ち込めてきます。

不良在庫がどんどん溜まってきて、
安値で売却する事も増えてきました。

すると利益が0の商品が出てくるどころか
マイナスになる商品が、利益を圧迫してくるようになりました。

キャッシュフローが悪化していったのです。

そうすると、どうなるか?
儲かる商品を仕入れる為に、更に仕事量が増えていきました。

後は分かりますよね?

月末の支払いをする為に、
月に30日フル稼働で仕事をし続ける。

仕入れを辞める事が出来なくなるのです。

まるで、泳ぐ事を辞めたら死んでしまうマグロのような状態です。

これで、誰にも縛られない生き方が出来る!

という妄想が瞬く間に崩れていったのです。

この失敗から僕が学んだ事それは、

”真の自由を得る為には、時間的な余裕もないといけない”

という事。

「何を当たり前の事を言ってるんだコイツは?」

と思われそうですが、
馬鹿な僕はそうなる事(時間的な余裕を失う)が分かっていなかったのです。

その当時28歳。

30手前にして、

ブラック企業を辞め、非正規雇用という立場で働き
世間でいう所の自営(もどきですが)に失敗した
どうしようもない人間だけが残ったのです。

周りの友人達は、結婚して、子供が産まれて、会社で出世して、
少なくとも僕よりは順風満帆に見える人生を送っていました。

何の特技もない僕の受け皿はやっぱり

客観的に見て、世間では僕みたいな人間を何と呼ぶのか?

控えめに言って、

”働いてるぶんだけ、ニートよりはまし”

ぐらいの評価が妥当ではないでしょうか?

その評価は当たっていると思います。

大した資格や特技もなく、
ただ流されるように生きてきた自分の受け皿なんて
それこそブラック企業くらいしか残っていなかったのです。

それからは、

Questioner
今の状態があるのは、自業自得。ブラックかなんて、関係無い。

とにかく正社員になって、社会的立場だけでもそれなりに。

そう思うようになりました。

そして、ハローワークや転職サイトを利用して
今の会社に就職したのです。

さすがブラック企業、
人では常に足りていないし、給料も安い。

休日は年間で110日とそれなりに多いとは思いましたが、
果たして本当にそんなに休めるのか?

選べるような立場ではないですが、
前よりはマシな会社であったらいいなぁ
とは思っていました。

まぁ、そんな淡い希望はすぐに打ち砕かれるんですがね(笑)

最後に

せどりで失敗をした僕ですが、誤解のないように言うと
それだけで生活している人達は確かにいます。

人に雇われず、自分の力で生きているという点であれば、

FX、株式投資、ギャンブル、ネットビジネスetc

手段は色々とありますね。

僕は、その人達がどういった戦略や戦術を持っていたのかを
もっと研究するべきでした。

勉強もネットでかじった程度ではなく、
ちゃんとした講師なり師匠なりを見つけ、
ビジネスとは何なのか?という教えを乞うべきでした。

そして、今僕はある人の紹介でビジネスの勉強をしています。

やっぱり自分の力で生きていく為の力や考えが欲しいですからね。

想像してみて下さい。

今の僕達世代が老後を迎える頃には、

■年金だってちゃんと貰えるかも怪しいし、

■定年の年齢を70歳まで上げるなんて報道もあります。

■今勤めてる会社が倒産するかもしれない。

本当に先の事は分からないんです。
だから今から準備しておく。
切れるカードは多い方が良いに越したことはないからです。

思い立ったら吉日。
明日野郎は馬鹿野郎。

まだ勉強自体始めたばかりですが、
これからも頑張っていこうと思います。

今回の記事で、ジャクソンのプロフィールは終了となります。

長々とお付き合い下さり、本当に有難う御座います。

これからも読者さんに価値のある情報を提供できるよう努めていきますので
宜しくお願い致します(_ _)

PS.

番外編として、僕が実際に体験した事件をまとめてみました。

もし興味があればこちらもお読みください。
↓↓↓
【番外編1】ジャクソンがブラック企業で体験したヤバい出来事6選

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です